1. HOME > 
  2. 教えて不動産屋さん > 
  3. 賃貸入居前に > 
  4. アパート入居心得

アパート入居心得

アパート入居心得みなさんにとって不動産屋さんと接する一番身近な機会はアパート、マンション賃貸契約をするときだと思います。ただアパート、マンション契約と言いましても不動産業者によって契約の仕方や経営方針、入居審査などまちまちです。そこでホソダ興産が思う、知っていると便利な事をいくつかご紹介したいと思います。皆様のアパート、マンション生活がより豊かになる手助けになれば幸いです。

用語説明

アパートを借りるときに普段聞きなれない用語がありますよね。その用語解説をしたいと思います。

敷金

アパートを出るときの清掃代や修復費、入居者の家賃不払いがあったときに大家さんが家賃に充当する事ができるお金。 家賃滞納なく、綺麗に部屋を使用している場合返ってくることが多い。業者の中には必要以上に修復し、アパートを出るときに追加徴収する業者もいる。入居者と不動産屋のトラブルの多くがこのお金の使い方で起こってます。消費税はかかりません。

礼金

大家さんに対しての感謝のお金です。通常返ってきません。日本の礼を重んじる文化の特徴的なもので、 消費税はかかりません。

仲介料

不動産業者に支払うお金。通常家賃の一か月分が多く消費税がかかります。

手付金

アパート契約を結ぶ時に、その物件を確かに借りますので他の人に紹介しないで欲しいという関係を結ぶ時に払うお金。手付金はいくらでも良いのですが、通常家賃の一か月分です。

共益費

アパート、マンションの共同生活をする上でみんなで使う所の費用を各専有面積(部屋の広さ)から計算して払うお金。通常共用灯の電気代などに使われます。

家賃

アパート、マンションの一ヵ月分のお金。不動産業者によって前払い(来月分を払う)であったり、後払い(今月分を払う)であったりする。消費税はかかりません。テナントのときはかかります。

更新料

アパートの契約を更新するときに払うお金。契約期間が切れる前に支払わなければなりません。2年契約が多いので2年ごとに払うことが多いようです。消費税がかかります。

契約をあせる業者は危ない

アパートの契約金は高額なので失敗はしたくないですよね。長く住む事になるかもしれない住まい選びはじっくりしたいものです。 しかし、不動産業者がプレッシャーをかけてくる事はよくあります。「他に欲しがっているお客さんがいる。」「手付金だけとりあえず置いていってください。」など・・・。そんな時のアドバイスとしては、あせらせる業者は危ない!!です。本当に皆様に人気がある物件ならそんなにあせらなくても決まるはずですよね。勢いで決めさせないと決まらない物件なら流したほうが無難ではないでしょうか?ただ本当に人気がある物件は次に行ったときに満室になっている事もあるので自分で見て納得したならば借りましょう。ここでのアドバイスは業者に決めさせるのではなく、自分で決めましょうと言うことです。

水道料金がいつもより多すぎないですか??

水道料金がいつもより多すぎると感じたときは水道管のチェックをお薦めいたします。水道管が破裂している、水漏れしているために料金がかかる事があるので注意しましょう。

契約電気基本料金って変えられるの知っていますか??

電気製品をいくつか使うとすぐブレーカーが落ちて困る。というお客様は電気契約のアンペアを
大きくすることをお薦めいたします。
(料金詳細は東京電力さんへお問い合わせください)

ブレーカーの交換は東京電力さんに電話すれば無料でやってくれるようです。自分の電気使用量に合わせて快適な生活をしてみてはいかがでしょうか。  

尚、変更後1年間はブレーカー交換できませんので御注意ください。

節水しすぎにご用心!!

近年の省エネブームでトイレタンクなどにペットボトルやレンガなど入れて節水している人が結構いると思います。節水は大変賢く地球にやさしいのですが、やりすぎるとトイレのトラップの水が無くなって悪臭が上がってきてしまったり、つまりの原因になることがあります。水道代を惜しんで水道修理業者の出張料でお金がかかったら何の意味もありません。何事もやりすぎにはご用心。

入居時期が4月以降の場合は・・・

3月、4月は新生活が始まることが多く、皆さんも不動産屋も大忙しです。その時期は物件もどんどん決まるので、比較的良い物件は順に決まっていってしまいます。しかし、逆を言いますと3月、4月の入居時期のピークを超えてしまいますとなかなか決まらず長期間空いてしまう事もあります。その為、4月後半以降などの時期がずれた物件に関しましては、多少値段が下がっても入居者を入れたいのが不動産業者の本音です。そこで、4月以降に入居を予定している場合は値段の交渉をお薦めします。不動産物件だって交渉次第では安くなるんですよ。

ただ、近年の不況でアパート、マンションの空室が目立つようになってからは交渉する前に家賃をギリギリまで下げてしまって、入居人を集める方法も多くなってきております。ですからすでに限界まで下げ止まっている事もあります。あまり長く、細かく交渉している間に他の人が決めてしまったなんていう事もありますので、ご自身の納得範囲ならば早めに決めるのも賃貸物件探しのコツです。安くて、良い物件は皆さん探している物件ですから・・・・・。

オーナーもしっかりした人を選ぶ

近年、ガス会社の競争が激しくアパート、マンション所有の大家さんに、無料で給湯を交換しますと交渉し交換してしまう業者がいます。そして、その負担が入居者のガス料金に加算される時があります。又、更新時のたびに家賃の値上げをする大家さんもいます。大家さんの経済状況がしっかりした人ならば問題無いのですが、入居者の皆様がそれを見極めるのは非常に困難です。大家さんを見極めるにはやはり不動屋さんに聞いてみるしかありません。不動産屋さんにきちんとした信念があり、大家さんを選んでいる場合は問題ないのですが、何でもいいからと請け負っている業者もたくさんいます。不動産屋さんに大家さんの人柄を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

誰に報告すればいいの??

アパートの通路が汚い、共用灯が切れている、ゴミが溜まっている、草が伸びてきた、壁が崩れてきたなどアパートに対して言いたい事があるけど誰に言えばいいのかわからないという経験はございませんか?その場合、管理会社がある場合は管理会社へ、無い場合は大家さんに連絡してみてください。対応してくれるはずですから。

審査の違い

不動産屋と契約するときに、業者によって提出書類の数や入居の際の審査の厳しさに違いがあります。この違いは何かと言いますと業者の経営方針によるようです。不動産業者だって審査を甘くしてどんどん入れてしまえば手数料が入りますし、大家さんにも喜ばれますので、本音を言いますと入れたいでしょう。
では、なぜ当社は簡単に入居を許せば利益が出るのに保証会社を通して審査をしてるとのでしょうか。それはお客様第一主義だからです。審査を甘くすれば、甘い分モラルが無い入居者が増えるのです。モラルが無い入居者が増えるとどうなるか・・・具体的には無断駐車されたり、朝早くや夜遅くの騒音問題、ゴミを散らしたり、怖い感じの人が出入りするようになったり、と生活面で支障が出る可能性が出くるのです。審査が厳しい、提出書類が多い業者こそ、入居時には皆様が想像している快適な生活が出来るのです。入居審査が甘い業者は他の人にも審査が甘いという事を忘れずに!!

一人暮らしの奨め

一人暮らしは何でも自分一人でこなしていかなくてはいけません。炊事、洗濯、掃除、健康管理やお金の管理から、新聞勧誘や訪問販売を断ったりまで。幅広く自己責任がかかってきます。又、隣人とうまくやって行くのも大切な事でしょうし、地域住民に迷惑かけないように生活する事も大切です。一人暮らしは生活の基本であり、一人前の人間になる近道なのかもしれません。
一人暮らしを通して生活資金の目安がつくようになれば、家や車などの大きな買い物の資金設計も立てやすくなるではないでしょうか。自分に投資するつもりで一人暮らし始めてみてはいかがでしょうか。何かが変わるかもしれませんよ。

ホソダ興産株式会社 賃貸事業部

営業時間 9:30〜18:30 フリーダイヤル

通話料無料。お気軽にお問い合わせください。

他社にはないユニークなサービス!

ホソダ興産サービスメニュー
スマホ向け表示