1. HOME > 
  2. ホソダ興産について > 
  3. 社長プロフィール > 
  4. ホソダ興産 社長物語(大学時代(前編))

ホソダ興産 社長物語

大学時代(前編)

そしてその春、私は大学のキャンパスに来ていました。

ホソダ興産 社長物語富士山へツーリング(画面左)

妥協せずに自分の好きな教育学を目指せたこと。
親身になってアドバイスをくれた先生方の協力・・・本当に沢山の人に支えられながら思ってもみなかった大学進学を出来て、妹に申し訳ないと思いながらも・・・・本当に嬉しくて、信じられない気持ちで一杯でした。
それと同時に、絶対に何か掴んで帰ろうという気持ちはいつも根底にあります・・・。

そんな心意気だったので大学に入って最初の数ヶ月は毎日、
「この4年間で何をするか。」を考えていました。
大学生は高校までとは違って社会的地位も行動範囲も使えるお金も全然違うので可能性は広くあると思っていたからです。

しかし、逆に決まったルールがあるわけではないし選択肢がありすぎるわりに
自分に社会的経験が少なすぎて・・・・・どうすればいいのか悩んでいました。
「大学生であれば、何かに失敗したとしても大学生という身分は残る。
社会人になってからでは、そうはいかないだろう・・・。
失敗すれば致命傷にさえもなるかもしれない・・・・。だから大学生のうちにいろいろな事に挑戦したい。」
・・・・とにかく気持ちだけが空回りします。

そんなこんなで、まずはじめにやったのは中学校の時の恩師に授業選択の相談に行くことでした。
大学には沢山の先生がいて、多くの授業があるので様々な組み合わせが可能です。
この選択が自由な分、コツを掴む人とコツをつかめずに大変な思いをする人がいると先輩から聞いていたので、どうしたら一番能率がいいのか、どうしたら最短ルートで卒業、教員資格の所得を考える必要がありました。

というのも私が大学に来た理由は2つありました。
1つ目は大学卒業の資格を取ること。
そして2つ目は不動産屋の息子でなければ先生になりたかったので教員免状を取る事です。

それ以外はなんの制限も理由もありません。
ただ今は自分でも何をしたいのか、何が出来るのかもはっきりわからなかったのでとりあえず教員免状を最短で取って卒業することを目指しました。

後日、恩師の所に相談に行くと、親身になってくれて自分では考えられなかったような授業選択のコツを聞くことができました。
その結果、ただ自分の好きな教科をとるのではなくて、教員免状に必要な科目と卒業の為に必用な科目が重複しているもののみを集中して選んでいく事にします。

それでいて最短を目指していましたから後先考えずに朝から晩までフルで授業を入れたので本当に大学3年生までは朝9時〜17時まで授業でビッシリの生活をする事になります。

しばらくして余裕が出てくると授業後の時間でお金を稼ぎたい!
と思うようになりアルバイトをしようと考えました。
「男は働いてこそ!」、「男が働かなくてどうする!」という親父の口癖が思い出されます・・・。

ホソダ興産 社長物語毎日のように行った結婚式場のアルバイト
(一番上、両手を上げているが細田)

大学生になっていなければ毎日働いていたわけですから、生活するにも遊ぶにしてもとにかく仕事は早くしたいと思っていたので、求人情報紙をめくる日々が続きました。
そしていろいろ探そうと思っていた矢先に、たまたま友人に「バイトを募集している。」と紹介された結婚式場で働くことになります。

大学は最短で卒業するべく、毎日一杯に詰込んだ授業が朝9時から17時まで。
その後バイトで18時から23時まで・・・・。土日は朝から晩まで働いていたので毎日ただ、ただ忙しかったです。

・・・・
・・・・・・・・・・・ただ、 それでもバイトを通して今まで見ることができなかった社会の裏側!?を少し垣間見る事ができたのがそれが本当に嬉しくてしょうがありませんでした。

それに加えて高校の時の先生の縁で演劇に参加もする事になります。
学校に行ってバイトに行って、演劇の練習がある時はバイトを休んで・・・。
今まで演劇というのは見たこともないし、もちろんやったこともない、自分とはまったく無縁の世界でした。
自分のいた高校にも演劇部というのはありましたが、自分は運動部だったので演劇部って個性的な集団の集まりでしょ!?という位に考えていました。

しかし、一度やってみるとそこには自分が今までいた世界や価値観とは違う世界が広がっていました。
とにかく役になりきり、演じきる。
一言に感情を込めて言葉を発し、どんな時でも恥ずかしがらずにお客に伝わるように演じる・・・・。

参加団体は社会人の集まりだったので大学生の私としては一回り以上も違う人達と、共同で一つのものを作り上げるという普段経験できない貴重な時間を体験させていただきました。
正直、自分は表舞台に出るというようなタイプじゃなかったし、役を演じきるのは難しかったのですが、とにかく一生懸命やりきりました。

演出の中には男5〜6人で裸踊りをするシーンもあったのでそういう時は学生気分でハッスルします!

そして不思議なことに!?たまたま私に与えられた役というのが“駅前の不動産屋”というのも妙な縁を感じました。(^^)

ホソダ興産 社長物語

他社にはないユニークなサービス!

ホソダ興産サービスメニュー
スマホ向け表示